トップ / 歯科で歯周病対策をする

歯科で歯周病対策をする

歯科で歯周病対策

歯周病対策は歯科で継続する

日本人の成人の8割が罹患しているとも言われる歯周病ですが、歯科で治療を受ければ多くの場合は治すことができます。特に、初期から中程度のものであれば、定期的にPMTCと呼ばれるクリーニングを行い、歯周病菌のすみかであるバイオフィルムを減らせれば、治せることが多いものです。ただ、歯周病が治癒しても、その後も定期的に歯科でチェックを受けることをおすすめします。歯磨きを一生懸命にやっていても、どうしても汚れが残ってしまうからです。定期的にクリーニングを行えば、全身に影響を及ぼす歯周病菌を増やさずに済みます。

歯科,いろいろ

歯周病についてご説明します

歯周病とは、歯の回りにある組織に起こる疾患の総称であり、歯周疾患とも呼ばれています。この歯周組織は、いわゆる歯茎や歯の表面、歯の骨部分等が含まれます。この歯周病の原因としては、口の中の細菌や食べ残りによる細菌の繁殖、歯磨き不足などがあり、中高年層に至っては日本全国で全体の70%から80%程度がこの疾患を持つと言われています。また、近時の研究においては、疾患の影響が口腔内のみならず、心臓疾患や脳疾患、内臓疾患等にも繋がる恐れがあるとの研究結果も出ており、早期の治療、対応が求められる病気とも言えるでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科での虫歯治療について. All rights reserved.