トップ

歯科での虫歯治療について

歯科での虫歯治療

歯科での虫歯治療方法

虫歯ができたり、痛みが出た時に歯科医院に行きますが、何となく怖い、痛いと言うイメージでなかなか足が向かないこともあるかもしれません。虫歯は早めに治せば痛みも少ないうちに治療できるのです。まだ小さく、咬む面が虫歯になっている場合、悪いところを削って形を整え、型を取って次回その部分に金属をセットしますが、これをインレーと言います。型を取って作るためその人に合ったものができてきます。少し調整をしてセメントでつけるだけです。金属なので耐久性も優れています。歯科医院での虫歯の治療は色々な方法がありますが、インレーは一般的に良く行われている方法です。

歯科,いろいろ

虫歯治療にインレーを入れる

虫歯になると歯科医院に行きます。すごく痛くなってからでは神経を抜いたり、ひどい時には歯を抜かなければならなくなる場合もあります。虫歯の深さによって削る量はかわってきます。虫歯の部分だけ削るのではなく少し大きめに削って歯の詰め物の支えを強くします。歯を削る量によって詰め物の種類も変わってきます。一般的に銀歯とよばれているものひとつにメタルインレーがあります。歯科医院によってはセラミックインレーとよばれる歯の色と同じものを取り扱っているところもあります。料金や材料に違いがあるので、説明を受けて納得したものを選ぶと良いでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科での虫歯治療について. All rights reserved.